So-net無料ブログ作成

「ガリレオ2」聖女の救済・前編 ネタバレ



「ガリレオ2」聖女の救済・前編 ネタバレ

美砂(吉高由里子)は、会社社長・真柴義之(堀部圭亮)の毒殺事件の捜査を 担当することになる。 現場検証に立ち会った妻・綾音(天海祐希)は、“どうしてこんなコトに” と泣き崩れるが・・・

その後、湯川(福山雅治)のもとを訪れる美砂。
今回被害者はコーヒーに仕込まれた亜ヒ酸ナトリウムにより毒殺されていた。 状況から考えれば、計画殺人の可能性が高いだろう。 その日真柴は、朝10時にテレビ会議で元気な姿を見せていた。 しかし午後のテレビ会議には出席が無かった事から、その間に殺された可能性が 高いということになる。また、防犯カメラには傘を差した謎の女性が映っていた。

その頃妻の綾音は、実家のある北海道にいたと言う。 会議に出席しなかった真柴を心配した部下の加藤(音尾琢真)からの連絡で セキュリティ会社の者が自宅の鍵を開けたところ、真柴の遺体が発見されたのだった。

この話を美砂から聞いた湯川は、物理とは関係がないと言い切る。 しかし。。。美砂から、真柴の妻・綾音が湯川の中学時代の同級生・三田綾音だと 聞き、湯川はやっと事件に興味を抱く。 そして湯川は義之の葬儀場を訪れて綾音と再会。その後、美砂も混じえ現場検証を始めるが、 収穫は夜間に毒物が混入された可能性があるということが分かったことだけであった。

そんな中美砂は、綾音の幼児教室の教師・若山晴美(山口紗弥加)と出会い、 綾音が過去に流産していたことを知る。しかも原因は、女性に自転車をぶつけられた事故だそう。 また、被害者の真柴には、綾音と結婚前に綾音と掛け持ちでつき合っていた津久井潤子という女性が いたことが分かる。しかし彼女は1年前に自殺していた。

一方、綾音が湯川の研究室を訪れ、子供たちに何か実験を見せて欲しいと願い出るが、 子供嫌いの湯川にはもちろん無理な話。しかし栗林の説得により、その願いを 受け入れる事になる。 しかし湯川が何より気になるのは、綾音が植えたという、庭に咲いたバラの花の事。 一体このバラの花にどういう意味があるのか?そして、子供たちの前で湯川が見せた実験とは・・・

湯川はまず電子ケトルでお湯を沸かしだした。ケトルの中はもちろん透明の水。 しかしなんと2回目の実験時には、水が赤く染まっていたのだ! そして3回目には紫になっていた! 何でーーー??と興味津々の子供たち。

湯川の種明かしによると、からくりはこう。 湯川は事前に絵の具をゼラチンで固めて、熱で順番に溶けるようにしていたのだ!! 最初は赤、次は青。そしてそれが混ざって紫になったという仕掛け。

では、犯人はこのトリックでヒ素を仕込んだというのか? だが、この方法ではヤカンからゼラチンが検出される筈だから 違うと湯川はいう。

では一体どうやって犯人はヒ素を仕込んだのか? そして、防犯カメラに映っていた謎の女性は一体誰なのか?
一年間子供が出来なければ、離婚するという約束をしていた綾音と真柴。 そして、中学の時には、棘があるからバラは嫌いだと話していた綾音が バラを植えているのは何故?? 今回の事件と、何か関係があるのか?? 綾音の美しき完全犯罪??次回解決編をお楽しみに!!

ガリレオ2 9話のあらすじを読む
ガリレオ2 8話のあらすじを読む



スポンサーリンク

共通テーマ:芸能 | nice!(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 芸能エンタメチャンネル All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
プロバイダ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。